今おすすめの育毛剤を徹底比較!!

育毛剤の効果を発揮するための正しい使い方

育毛剤は薄毛を改善するためにさまざまな成分が含まれていますが、正しい使い方をしないと効果を発揮することができません。
正しい使い方は使うときにクシやブラシを使って髪をとかします。
髪が絡まっているとシャンプーが全体に届かずに汚れをしっかりと落とすことができません。
日中の汚れやフケをしっかりと落とすために髪をとかすことは手順として重要なことです。
クシやブラシで髪をとかすときに引っかかってしまうときには、無理に引っ張らずに優しく使います。
シャンプーをするときには、はじめにお湯だけでしっかりと流します。
お湯だけでも大抵の汚れを落とすことができます。
ある程度汚れを落としてからシャンプーをしっかりと洗います。
シャンプーをするときには指の腹を使って頭皮をもむように洗います。
爪を立てて強く洗ってしまうと傷ついてしまうこともあります。


シャンプーをしっかりとすすぐことが重要なポイントになります。
シャンプーのすすぎ残しがあると、毛穴が詰まってしまうことがあり頭皮に悪影響を及ぼす可能性があります。
しっかりと洗い流すようにします。
洗髪後には髪を乾かしますが、髪の毛を乾かす加減は利用するタイプによって異なります。
しっかりと乾かした方がよいタイプやタオルドライで利用が可能なタイプなどありますので事前にしっかりと確認します。
髪を乾かす場合にはドライヤーを使うことは必須です。
自然乾燥してしまうと長時間髪が濡れた状態となり、細菌が繁殖してしまって抜け毛の原因となってしまうことがあります。
髪を乾かすときにも力を入れずに優しく乾かすようにします。
次に育毛剤を利用します。
使用量は商品に表記されている適量を使用し、薄毛か気になる部分全体に塗布していきます。


抜け毛予防のために気になる部分よりも外側に少し範囲を広げて使います。
塗るポイントは地肌に塗るということです。
髪の毛ではなく髪の毛が生えている頭皮に付けると効果が発揮します。
塗ったらマッサージをします。
マッサージをすることによって血行が良くなって成分が浸透しやすくなります。
頭皮に馴染むよう指の腹でやさしくマッサージしますが、力を入れ過ぎたり爪を立てないようにします。
育毛剤を正しく使うためのポイントはできれば入浴後すぐに使うということです。
入浴後は身体が温まり血行がよくなるため、成分が吸収しやすくなりおすすめです。
継続利用がポイントとなり最低でも3ヶ月は利用します。
髪の毛の抜け生えるサイクルは3ヶ月以上です。
半年ほど使い続けると効果が出ることもあるため継続し、できるだけ毎日使うようにします。

次の記事へ

PAGE TOP